zakzak

記事詳細

マタギ(猟師)になるには?気になる収入についても聞いてみた (1/3ページ)

 古くから東北地方でクマやシカ、イノシシなどの狩猟を生業としてきたマタギ(猟師)。近年では「狩りガール」なる言葉も誕生するなど、狩猟は身近な趣味の一つとして、じわじわと注目を集めている。しかしながら、「教えて!goo」「猟師の生計の立て方」という質問が投稿されているように、実際に狩猟で生計が成り立つかどうかは疑問である。そこで、実際に獣害対策などを行う猟師団体に話を聞いてみた。

 ■猟師になるために必要な手続き

 お話を伺ったのは猪鹿庁合同会社代表、安田大介さん。まず、猟師として狩猟をするためには、狩猟免許が必要となる。

 「狩猟免許は罠猟免許、網猟免許、第1種銃猟免許(装薬銃)、第2種銃猟免許(空気銃)の4種類があり、自分がやりたい猟のスタイルによって、取得する免許を決めます」(安田さん)

 狩猟に使用できる猟具は、網か罠、装薬銃、空気銃と定められているのだとか。免許の取得と合わせて、必要となる猟具と狩猟登録をしなくてはならない。

 「猟銃を所持するためには銃刀法に基づき、講習会の受講や考査への合格等が必要になりますので、罠や網と比べ、少しハードルは高くなります。狩猟免許取得の費用は、都道府県や取得する免許や数によっても変わりますが、15000円くらいから。銃の所持許可の取得に係る手続きの費用としては、7万円くらいかかります。さらに道具などの費用として、銃関連は銃やガンロッカーなどを銃砲店などで揃えると、新銃だと20万円以上、中古の銃でも15万以上はかかると思われます。罠や網に関しては数千円くらいのものから購入できますが、自作する猟師も多いです」(安田さん)

 初期費用の目安として、銃の場合だと30万円程度がかかる。罠や網の場合は数万円と、銃に比べると安く抑えられるようだ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング