zakzak

記事詳細

金沢で老舗の銘酒支える水と志 自社酵母300種類ストック、「微生物ファースト」で泥臭く (1/2ページ)

★石川県「福光屋」(上) 

 福光屋(ふくみつや)は金沢で最も大きく、また最古の酒蔵だ。今年で創業392年目になる。江戸時代の古地図にも、商標である「打ち出の小槌」が描かれている。

 創業以来この場所を動かないことには理由がある。それは水だ。蔵から60キロほど離れた霊峰白山に降った雨が、幾重にも重なる貝殻層をくぐり抜け、100年の歳月をかけて福光屋の井戸に湧いてくるのだ。

 その井戸は地域に開放されていて、私が訪ねたときも、近隣住民が大量のペットボトルに水を詰めていた。150メートル地下から汲み上げられたその水は、飲むと甘く味がある。この水が、「旨くて、軽い」と言われる福光屋の酒づくりを支えているのだ。

 この「軽さ」は独特で、福光屋ブランドの一つ「加賀鳶(かがとび)」を、私は長い間アルコールを添加した酒だと勘違いしていた。しかし、福光屋では2001年から純米酒しかつくっていない。醸造酒には、異物であるアルコールは合わないという考え方で、酒はしっかりアルコール発酵させることで、軽やかさと旨味が出るという。これを福光屋では「完熟発酵」と呼んでいて、そうした酒は、純米酒でも重たくならないのである。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング