zakzak

記事詳細

【親を寝たきりにしない9つの処方箋】「ロコモ肥満」と「やせロコモ」対策 どちらも必要な筋肉つけるための運動と栄養を (1/2ページ)

★(4)

 中高年までは、生活習慣病にならないために太りすぎを避けるべきだ。しかし、「高齢者は栄養が足りていない」「小太りのほうが長生きする」とも言われている。いったいいつまで肥満を気にすればいいのだろうか。

 「65歳くらいまでは、標準体重を大きく上回らないほうがいいでしょう。65~75歳は運動器の状態に個人差があるのでいちがいには言えませんが、75歳以上ならBMIが30くらいでもやせろとは言いません」

 と語るのは、横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科の若林秀隆医師だ。

 太っている人はもちろん、やせていても、高齢者なら体重とともに注意したいのがロコモティブシンドローム(ロコモ)だ。筋肉や関節、骨などの運動器の障害のために、移動がしにくくなった状態のことを言う。若林医師は、高齢になると「ロコモ肥満」か「やせロコモ」のどちらかになる人が多く、対策も違うため注意を促している。

 高齢者は一般的に、やせている人より太った人のほうが筋肉量が多く、骨が丈夫なことが多い。しかし膝や腰を傷めやすかったり、運動するのをおっくうがったりするために筋肉が減りやすく、ロコモ肥満になることがある。

 反対にやせている高齢者は、運動量は足りているが栄養が不足していることが多く、そのため筋肉が作られず、骨密度も低いやせロコモになることがある。親が太っていてもやせていても、ロコモを警戒してほしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング