zakzak

記事詳細

秋の花粉症の原因・症状・なりやすい人・予防策まとめ (1/3ページ)

 花粉症といえば「春」のイメージが強いだろう。鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、流涙など、花粉症に悩む人にとっては非常に過酷な時期であることは間違いない。しかし、実は秋にも花粉症が存在するため、夏が過ぎた今も油断は禁物なのだ。そこで、今回は蒲田よしのクリニックの医師、吉野さんに、秋の花粉症について話を聞いた。

 ■秋の花粉症を引き起こす植物、秋の花粉症になりやすい人

 秋の花粉症を引き起こす植物にはどんなものがあるのだろう。また、秋の花粉症になりやすい人はどのような人なのだろうか。

 「花粉症の原因としては春先のスギ花粉、ヒノキ花粉が有名ですが、夏から秋にかけても様々な植物の花粉がアレルギー症状の原因となります。夏場はカモガヤ、ハルガヤなど、秋にはヨモギやブタクサなどの花粉が原因として挙げられます」(吉野さん)

 春や秋だけにとどまらず、夏にも花粉症を引き起こす植物があると吉野さんはいう。

 「ただ、花粉症の発症においては同じ環境下であってもかなりの個人差があります。大きな症状として挙げられるのは腸内環境の乱れです。腸内細菌に何らかの異変があると、免疫機能が異常をきたし、アレルギー体質を助長し、花粉症の発症、増悪を促進してしまうのです」(吉野さん)

 健康への影響のイメージが強い腸内環境だが、花粉症の発症をも左右するとは驚きだ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング