ZAKZAK for mobile

【比嘉愛未】上京して10年 波はありますが着実にステップアップしているように感じています

記事詳細

【比嘉愛未】上京して10年 波はありますが着実にステップアップしているように感じています

 美しい富山の自然を背景に、母と三姉妹、家族の再生をテーマとした映画「カノン」(10月1日公開)で主人公の次女・岸本藍役を演じる。

<< 下に続く >>

 「重い内容ともいえるんですけど、根本にあるのは家族の絆であり、母と姉妹への思いなんです。いい意味でいろいろな刺激を受けた作品です」

 三姉妹の長女、紫(ゆかり)役にミムラ、三女の茜役に佐々木希。さらにアルコール性認知症に冒された母親役を鈴木保奈美が熱演している。

 その他、祖母役には多岐川裕美、古村比呂、島田陽子らが脇を固めた。

 女優映画といってもいい豪華な顔ぶれだ。

 「先輩もたくさん出演されているんですが、殺伐とした雰囲気は一切なくて、和気あいあいとした現場でした。皆さんの芝居に取り組む姿勢や、所作、言葉づかい。勉強になることが多かったです」

 撮影の多くが富山でのロケだった。

 「ごはんも水もおいしかったです。宿(宇奈月温泉)の周りも自然に囲まれていて東京とは環境が違うので、作品に集中できました。三姉妹は撮影後も常に一緒で、無理に取り繕うという感じでなく、自然と姉妹間の関係性ができました」

 スクリーンからも姉妹の仲の良さが伝わってくる。美人三姉妹を軸に、人生の悲喜こもごもを丁寧に描き出した作品に仕上がっている。

 連続テレビ小説「どんど晴れ」でヒロインを演じてから9年がたった。

このニュースのフォト

  • 比嘉愛未(撮影・永瀬白虎)
  • 比嘉愛未(撮影・永瀬白虎)
  • 比嘉愛未(撮影・永瀬白虎)

ランキング