zakzak

記事詳細

「1つの中国」習政権に衝撃 トランプ政権の閣僚候補、日米関係強化するぜ 対中強硬姿勢も大歓迎 (1/2ページ)

 ハ~イ! みなさん。

 ドナルド・トランプ次期米大統領の中国に対する厳格な姿勢は、俺がずっと考えてきたことと一致しているぜ。俺が大統領選で、トランプ氏を応援してきた理由でもあるんだ。

 トランプ氏は11日に放送されたFOXニュースのインタビューで、「私たちは中国から大変な被害を受けている」「なぜ、貿易などで(中国と)合意できなくても『1つの中国』の原則に縛られなければならないのか」と疑義を呈したんだ。

 加えて、中国が為替操作や南シナ海での軍事施設建設などで態度を改めなければ、「1つの中国」を維持することは困難になるという認識も示したんだ。

 中国は米国製品に課税するが、米国は中国製品に課税していない。ビジネスマンらしく公平性、公正性を重視しながら、体のいい恫喝をしたわけだ。弱腰のオバマ政権とは大違いだぜ!

 そもそも、「1つの中国」政策は、過去の名残で、実質的には無理があると思うんだ。それに中華人民共和国は「戦勝国」ではないからな。戦時中、米国と同盟を組んで勝利したのは国民党軍であり、現在の台湾だ。

 世界も「2つの中国」がある事実は認めざるを得ないだろう。

 1つは、米国の迷惑な敵であり、自由や人権を重視しない共産主義国の中華人民共和国だ。もう1つは、昔から米国や日本の「事実上の同盟国」で、信頼できる友好国・台湾だ。

 中国は、トランプ氏が台湾の蔡英文総統と電話協議したことにまで反発していたが、トランプ氏は「私は中国に指図されたくない」と言い切った。当たり前だぜ。ふざけるな中国!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング