zakzak

記事詳細

3日改造もオンナ、カネに悪戦苦闘…大物議員“醜聞”脱落 野田聖子氏起用も検討 (1/3ページ)

 安倍晋三首相が悪戦苦闘している。3日に断行する内閣改造・自民党役員人事は、30%未満の「危険水域」前後まで下落した内閣支持率に歯止めをかけるため、「脱お友達」で「重厚な布陣」を目指している。1日時点で、茂木敏充政調会長と小野寺五典元防衛相らを重要閣僚で起用する方針を固めたうえ、「反安倍」勢力の一翼を担ってきた野田聖子元総務会長の起用も検討している。このほか、入閣候補の身体検査を徹底的に行ったところ、大物議員を含む数人に「疑惑」「醜聞」が浮上しているという。安倍首相の起死回生人事はうまくいくのか

 「この際、人心一新を図りたい」

 安倍首相は1日朝、自民党本部で開かれた党役員会でこう語り、人事の一任を取り付けた。その後、官邸での閣僚懇談会で「新たな布陣の下、国民の皆さんとともに各般の政策をさらに力強く前に進めていく」と、内閣改造への決意を語った。

 今回の人事で、安倍首相は、麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官、二階俊博幹事長という「政権の骨格」は維持しながら、閣僚経験者や党重鎮を抜擢(ばってき)して、国民に期待感と安心感を与える陣容を模索している。

 1日時点で、前出の茂木、小野寺両氏を重要閣僚で起用する方向で調整に入った。小野寺氏は、南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報問題で混乱した防衛省・自衛隊を立て直す次期防衛相の可能性がある。

 「脱お友達」人事を明確にするため、安倍首相の政策に苦言を呈してきた野田氏や、同郷のライバル(宿敵)である林芳正元防衛相の起用も検討している。公明党の石井啓一国交相は留任し、松山政司参院自民党国対委員長の起用も浮上している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング