zakzak

記事詳細

慰安婦像に徴用工像--韓国で“像建設”はビジネスモデルに (1/3ページ)

 かの国の国語辞典には「約束」という言葉がないのだろう--。韓国メディアは7月24日、康京和外相が朴槿恵政権時(2015年)に「最終的かつ不可逆的に解決」したはずだった慰安婦問題の「日韓合意」の見直しを表明したと報じた。文在寅政権になった途端のちゃぶ台返しだ。それと軌を一にするように、新たな“反日モニュメント”がつくられようとしている。ジャーナリストの竹中明洋氏がレポートする。

* * *

 「日本が過ちを認めない現実を変えるために像を設置します」

 7月20日、韓国南部の済州島で地元市民団体が記者会見を開いた。今年10月、済州市にある日本総領事館前に強制徴用労働者(徴用工)の像を設置すると発表したのだ。

 戦時中、多くの韓国人徴用工が日本本土の炭坑や工場などで労働に従事した。韓国では徴用工は強制連行されて過酷な労働を強いられたとされており、損害賠償や未払い賃金を求めて日本企業を相手取り訴訟を起こすケースが相次いでいる。

 設置されれば、外国公館の保護を求めるウィーン条約に抵触し、日韓関係の新たな火ダネとなることは必至だ。これは一団体の暴走ではない。設置計画は他にもある。

 ■安倍人形を“連行”

 活動の先鞭をつけたのは、韓国の2大労働組合である全国民主労働組合総連盟(民主労総)と韓国労働組合総連盟(韓国労総)が中心をなす「強制徴用労働者像建設推進委員会」だ。

 韓国の独立記念日である3月1日、ソウル市内のターミナル駅の一つ、龍山駅前の広場に徴用工像を設置するというものだった。が、この時は広場を管轄する韓国政府が許可を出さなかった。

 この時、私はソウルに飛び、民主労総の統一局長である嚴美京(オム・ミキョン)氏を直撃した。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング