zakzak

記事詳細

10月「核実験」「ICBM発射」強行なら米軍が正恩氏殲滅 潜入済みのCIA工作員、中国人質に習氏激怒 (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮への「軍事行動」を強く打ち出した。国連総会で19日、初の一般討論演説を行い、北朝鮮の核・ミサイル開発を「世界全体の脅威」と非難し、軍事攻撃に踏み切る事態となれば「北朝鮮は完全に破壊される」と強調したのだ。年末以降にあり得る「異次元の危機」を見据えて、安倍晋三首相は「日本はこのままでいいのか」と国民に信を問うため、衆院解散の方針を固めた。正恩氏の「斬首作戦」容認に傾く中国と、北朝鮮に潜入したCIA(米中央情報局)工作員…。朝鮮半島危機の最新情勢について、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 「元帥様(正恩氏)は『米本土に届く、核弾頭搭載のICBM(大陸間弾道ミサイル)は配備している。敵は米国だ!』と宣言した。われわれは対米戦争に勝つ。玉砕決死隊が日米韓にいる!」

 朝鮮労働党幹部の1人は先日、私(加賀)に、はっきり明言した。

 ニューヨークでの国連総会が注目されている。ニッキー・ヘイリー米国連大使は「メーンテーマは北朝鮮問題だ」と明言。安倍首相は、トランプ氏と「北朝鮮包囲網の強化」に全力を挙げる。

 米情報当局関係者は「日米両首脳は、国連安全保障理事会で11日に採択された北朝鮮への制裁決議の履行を、各国首脳に徹底させる。世界各国で北朝鮮に圧力をかけて『核・ミサイル開発』を放棄させる。拒否するなら、『北朝鮮を国連から追放しろ』という声まである。しかし…」といい、続けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング