zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「迷」》ドイツ前首相の老いらくの恋 慰安婦問題発言の真意は… (1/2ページ)

 確たる信念があったというよりは、公私混同の部分が大きかったのではないでしょうか-。

 ドイツのシュレーダー前首相(在任1998年~2005年)が9月に韓国を突然訪問し、「日本政府が元慰安婦に謝罪する勇気を持てないでいることはきわめて残念だ」「元慰安婦の方々にはノーベル平和賞の資格が十分にある」など、韓国寄りの発言を連発した一件です。

 シュレーダー前首相といってもピンと来る方は多くないでしょう。東西ドイツ統一を実現したコール元首相の後、現在のメルケル首相の前にドイツ首相を務めた人物です。

 2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)では、ドイツが決勝に進んだことからカナダで行われていた主要国首脳会議(カナナスキス・サミット)終了後、日本の政府専用機に(強引に?)乗り込んで急遽(きゅうきょ)来日したことがありましたっけ。

 在任中、アジアにも女性の人権問題にも関心を持っているように思われなかったシュレーダー氏。今回は2006年に出した自伝「決断」の韓国語版が発行されたことを記念しての訪韓だったそうですが、10年以上も前の自伝がなぜ今、韓国で出版されることになったのか。

 その陰には73歳のシュレーダー氏の新しいパートナー、韓国人女性キム・ソヨンさんの存在がありました。キムさんはシュレーダー氏より25歳も若い48歳。夫と子供がいますが現在は別居中なんだとか。

 シュレーダー氏はこれまで4度結婚していますが、現在のドリス夫人とは近く

離婚する予定で、ドリス夫人もSNSでキムさんの存在が離婚のきっかけになったと認めています。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング