zakzak

記事詳細

【激闘10・22衆院選】小池氏、水面下で石破氏に離党打診か 永田町関係者「首相候補として衆院選を戦えればいい」 (3/3ページ)

 「築地女将さん会」も決起した。

 豊洲新市場への移転に反対する築地市場の仲卸業者の女性らの団体で、都庁で4日、記者会見を開いた。

 小池氏の希望の党代表就任について、女将さん会は「市場関係者から失望と怒りの声が上がっている」と指摘。市場問題は調整事項が多岐にわたるとし、「都知事が国政選挙にかまけるなどということは、あってはならない」と批判した。

 こうしたなか、永田町では「小池氏が衆院選に出ない場合、選挙後の首相指名で、野党陣営が自民党の石破茂氏を担ぐ案がある」という情報が流れている。「野党陣営が水面下で、石破氏に離党を促している可能性もある。石破氏を首相候補として衆院選を戦えればいい」と語る関係者もいる。

 これと符合するのか、小池氏は4日、「自民党ができないようなことをする。大胆な改革を進めるのが新党の役目だ」と記者団に語った。安倍首相が総裁でなくなった場合の自民党との連携の可能性を問われると、「選挙の結果次第だ」と含みを持たせた。

 希望の党は4日、衆院選の第2次公認候補として選挙区9人を発表した。1次公認の篠原孝前衆院議員=長野1区=ら2人が公認辞退したため、立候補予定者は計199人となった。衆院過半数(233人)まで、まだ積み上げが必要だ。

 小池氏は10日の公示直前に「電撃出馬」するのか、別のサプライズを用意しているのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング