zakzak

記事詳細

小池都知事の手法は「しがらみ政治そのもの」ではないか (1/3ページ)

 小池百合子都知事と希望の党の雲行きについて、測りかねている人は多いだろう。都政に詳しいジャーナリスト・広野真嗣氏がレポートする。

* * *

 小池都政誕生の立役者の立役者だった音喜多駿都議ら2人が5日に離党会見を行った際、「都民ファーストの会が10月半ばに政治資金パーティーを開催予定である」という実に興味深い事実を明かした。この1年の小池氏の行動と重ね合わせてみると、「希望の党」のキャッチフレーズである「しがらみ政治打破」どころか「しがらみ政治そのもの」の最後の1ピースがこれではまったようにも見えるのだ。

 5日の離党会見で2人が明かした小池知事の“不都合な真実”はいくつもある。代表ポスト決定過程が“ブラックボックス”なのも、“SNS規制”をするのも、いずれも小池氏が最大の影響力を行使する“創業者利益”を守るための仕組みとしてある意味わかりやすい。

 だが今回の「パー券」の存在は、意味が違う。小池氏の政治手法がいずれも古い自民党政治そのもの、あえていえば打破すると宣言している“しがらみ政治そのもの”であることを暴露していることになるからだ。

 確かに自民党政治家のパー券ではこの手の話はつきない。最近では下村博文・元文科相が在任中、学校法人である加計学園の秘書室長から政治資金パーティー券の代金計200万円を受け取った問題が取り沙汰されており(下村氏は「加計はとりまとめただけ」と主張)、行政をめぐって疑念を抱かせるような“政治とカネ”のやりとりは常態化している。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング