zakzak

記事詳細

自民・和田氏「ジャーナリズムが死んだ17年」、維新・足立氏「国家危機に揚げ足取りの一部野党」 新春爆弾対談 (1/2ページ)

★(下)

 2018年の国会論戦は、どうあるべきか。元NHKアナウンサーである自民党の和田政宗参院議員と、元経産官僚で「国会の爆弾男」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員が、一部野党と左派メディアの姿勢を批判しつつ、「真に求められる政治」について提言した。

 足立氏「昨年の『モリカケ騒動』は、無責任野党と偏向メディアの連携が招いた結果だった。今年は、同様なことを再び起こさないために、戦わなければいけない」

 和田氏「事実に基づいて分析し『国家と国民を守るために何が必要か』ということを提示するのが、メディアやジャーナリズムの役割として極めて重要だ。今の一部報道は『政府批判ありき』になっている」「朝日新聞は17年5月9日朝刊で、森友学園が『安倍晋三記念小学校』の設置趣意書を国に提出したと報じたが、誤りだった。裏取りすれば、すぐに分かる話だ。公正なジャーナリズムであれば、確認できないうちは記事にしない。17年は『ジャーナリズムが死んだ年』の元年だ」

 足立氏「私は20年間、霞が関にいた。行政の実務を知る者からすれば、森友学園と加計学園のいずれのケースも、疑獄事件にならないことは初めから明らかだった」

 和田氏「私も、資料や取材に基づき、『政治家の関与は、まったくない』と指摘してきた」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング