zakzak

記事詳細

【秘録 今明かす「あの時」】真珠湾上空で被弾、禁断の島に不時着 ニイハウ島事件

★たった2人の戦争-ニイハウ島事件の真実(1)

 ハワイ・ニイハウ島に不時着した零戦搭乗員が島民に殺害され、彼をかばおうとした日系人が自殺したニイハウ島事件。「反米傾向がなかった日系人が日本兵に味方した」と、後に日系人収容所建設のきっかけになったとされる。事件を調査した米軍が持ち帰っていた5枚の「謎の木札」が昨年、遺族に返還された。真珠湾攻撃のアナザーストーリーを追う。

 零戦搭乗員の西開地重徳(にしかいち・しげのり)一飛曹=当時21歳=は大正9(1920)年、良太郎と房子の次男として愛媛県今治市で生まれ、旧制今治中学校(現・今治西高)に進学した。七つボタンの海軍航空兵に憧れていた西開地は在学中に「海軍甲種飛行予科練習生」に合格し、甲飛2期生として横須賀や霞ヶ浦で訓練を受け、大分航空隊に配属された。

 昭和16年11月18日正午、愛機の零戦とともに空母「飛龍」は大分佐伯湾を出港する。直後、甲板に総員集合が下令され、艦長の加来止男大佐が「今回は祖国の見納めになるかもしれないので、よく見ておくように」と訓示した。

 解散した後、ピット(待機室)で「ソ連のウラジオストクか」「アリューシャン列島のダッチハーバーじゃないか」と雑談の中、口々に攻撃目標を予測する。

 11月24日、択捉島中部ヒトカップ湾に到着した「飛龍」以下、空母全艦搭乗員に対し「旗艦赤城に集合」の命令が下る。

 「我が目的は真珠湾を攻撃するにあり」

 空母「赤城」の艦橋で真珠湾の模型を前に西開地は源田サーカスで名をはせた航空作戦参謀の源田実から詳細な説明と指示を受けた。

 12月7日午前6時半(現地時間)、西開地は空母「飛龍」第2次攻撃隊の戦闘機隊第2小隊2番機としてオアフ島北方360キロ海域で発艦した。上空で旗艦「赤城」などから発進した167機が編隊を組む。飛龍攻撃隊の目標は、オアフ島カネオヘ基地とベローズ基地だった。西開地機を含む戦闘機隊9機の先導で急降下爆撃隊18機がオアフ島を目指す。

 7時45分、「全軍突撃せよ」の命令で、第1次攻撃隊が攻撃開始、第2次攻撃隊も8時49分、攻撃を始める。

 --われ主力雷撃す、効果甚大

 --われ敵主力を爆撃す、地点真珠港

 --格納庫3棟、地上飛行機50機炎上す

 赤城には各隊指揮官機から報告がひっきりなしに届く。カネオヘ基地上空から飛行艇などを攻撃、空母「蒼龍」の攻撃隊が参加してきたため、西開地機を含む飛龍攻撃隊は近くのベローズ基地に攻撃目標を移し、激しい防御砲火をかいくぐり、待機している戦闘機を片っ端から銃撃を加えた。

 日米開戦の火ぶたを切った真珠湾攻撃で日本は大きな戦果を上げた。だが、その時、対空砲火で西開地機が被弾する。エンジンや燃料タンクではないが、集合地点に決められていたカエナ岬までは戻れそうにない。西開地はベローズ基地に突っ込み自爆するか、不時着するかを迷うが、事前の取り決め通りの不時着を決意する。

 出撃前、「飛行不能になった機は白人が居住していないニイハウ島に不時着し、潜水艦による救助を待て」と通達されていた。ハワイ諸島西端に位置するニイハウ島は1864年以降、ロビンソン家が私的所有する「禁断の島」だった。(将口泰浩)

 ノンフィクション作家、将口泰浩氏が案内人を務めるパプアニューギニア・ラバウル慰霊の旅の参加者を募集中。10月6日から3泊5日で戦没者の碑や日本海軍指揮所跡などを訪問する。問い合わせはJTB虎ノ門第三事業部((電)03・6737・9361、ファクス03・6737・9365)。

関連ニュース

アクセスランキング