zakzak

記事詳細

秋にエルニーニョ可能性 気象庁が監視速報発表

 気象庁は10日、7月に太平洋の海洋変動を監視した結果を速報した。エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生せず、夏は平常の状態が続く可能性が高いとみられる。秋はこのまま平常の状態が続く可能性が40%、エルニーニョ現象が発生する可能性が60%という。

 エルニーニョは南米ペルー沖の海面水温が平年よりも高い状態が1年ほど続く現象。日本では夏の気温が低く、冬の気温が高くなりやすい。逆にラニーニャ現象はペルー沖の水温が低くなる。いずれも世界的な異常気象の一因とされている。

アクセスランキング