zakzak

記事詳細

「打倒安倍」に燃える枝野氏の矛盾 野党お得意の“ブーメラン”全開

 立憲民主党の枝野幸男代表が、憲法改正を目指す安倍晋三政権批判のボルテージを上げている。

 臨時国会では10月29日、代表質問に立って「総理、憲法とは何か、一から学び直してください」と説教した。かと思えば、11月4日には、早稲田大学で講演し、安倍首相を念頭に「ちゃんと勉強していない政治家が語るのが教育と憲法だ」と語った。

 弁護士資格を持つ自分こそが憲法について語る資格のある政治家であって、素人の安倍首相は「黙っていろ」と言わんばかりである。まさに「上から目線」そのものだ。

 だが、「語るに落ちた」とは、これではないか。

 かつて枝野氏は堂々たる憲法改正論者だった。『文藝春秋』2013年10月号に改憲私案を発表し、集団的自衛権行使はもちろん、国連平和維持活動(PKO)や、国連のもとでの多国籍軍への自衛隊参加まで憲法に明記するよう提言していたのだ(=枝野氏は昨年12月、『私のかつての私案は集団的自衛権の行使を容認していません』と語っている)。

 枝野氏が「一から憲法を勉強した」専門家を自認するのであれば、なぜ主張をガラリと変えたのか、しっかり説明してほしい。そうでないと、国民は枝野氏のような専門家でさえも「180度、意見を変えてしまうのだ」と思って、とても信用できなくなる。

 それでも、百歩譲って「政治家が主張を変えるのは自由」と受け止めたとしよう。私が見逃せないのは、代表質問での次の部分だ。

 枝野氏は「あらゆる権力は憲法によって制約、拘束される」と述べたうえで、「縛られる側の中心にいる総理大臣が先頭に立って旗を振るのは論外」と訴えた。

 そうだとすると、憲法改正は「権力を縛る側」が言い出すべきなのか。それなら、自分たちこそ積極的に改憲論議を盛り上げたらどうか。

 もっと重大な問題がある。

 立憲民主党が「権力を縛る憲法」を結党の精神に掲げた政党であるなら、彼らは絶対に政権を握れないし、握ってはならない。権力を縛るのが自分の使命なのに、自分自身が権力を目指してどうするのか。原理的に矛盾している。

 安倍首相を批判した「権力者は憲法改正を唱えてはならない」という理屈は、そのまま「権力を縛る側は権力を握ってはならない」という話になって、自分たちに戻ってくるのだ。まさに、野党お得意の「ブーメラン」全開である。

 なぜ、こんなバカバカしい話になるか、と言えば、そもそも立憲主義の理解が間違っているからだ。「権力を縛るのが立憲主義」という考え方は、日本の左派憲法学者の理解にすぎない。

 私は、国民と権力(政府)の信託契約関係こそが立憲主義と考える。それは、「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるもの…権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」という憲法前文に示されている。

 枝野氏はゆがんだ憲法理解を前提に政党を立ち上げた。そのツケは「けっして政権獲得を目指せない」という自己矛盾になって、まさに彼らの手足を縛っているのだ。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革推進会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『ケント&幸洋の大放言!』(ビジネス社)がある。

関連ニュース

アクセスランキング