zakzak

記事詳細

自衛隊「宇宙部隊」創設 2022年度めどに設置予定

 自民党の小野寺五典安全保障調査室長(前防衛相)は19日、東京都内で講演し、自衛隊に「宇宙部隊」を創設する方針が、政府の新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に盛り込まれる見通しを明らかにした。

 同部隊は、宇宙ごみ(スペースデブリ)の監視や、他国の不審な衛星などを監視する。2022年度をめどに設置する予定という。

 安倍晋三首相は9月、防衛省での自衛隊高級幹部会同の訓示で、防衛大綱の見直しについて、「サイバー、宇宙、電磁波の新たな領域で優位性を保つことが死活的に重要だ」と強調していた。

 新大綱に関する与党ワーキングチーム(WT)や政府設置の有識者による「安全保障と防衛力に関する懇談会」は20日に開かれる見通し。早ければ、この場で概要を説明し、理解を得る考え。政府は来月18日の閣議決定を目指している。

アクセスランキング