zakzak

記事詳細

鳩山元首相ツイート、北海道警が“異例”のデマ認定! 「地震は人災」投稿は「流言飛語の事例」

 鳩山由紀夫元首相のツイートを、北海道警が「デマ認定」した。北海道で21日夜、最大で震度6弱の地震が発生した直後、鳩山氏が、ある国家プロジェクトを名指しして《人災と呼ばざるを得ない》などと発信したことを、サイバーパトロールで確認した「流言飛語の事例」の1つとして公表したのだ。国家プロジェクトの関係者も、旧民主党政権を誕生させた元首相の真意を測りかね、困惑・反発している。

 衝撃の投稿は、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とする地震があった直後に投稿された。

 鳩山氏はまず、昨年9月の「北海道胆振東部地震」について、《苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによるものではないか》との見解を披露したうえで、今回の地震について、次のように発信した。

 《本来、地震にほとんど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない》

 CCSは地球温暖化防止のため、工場などで発生した二酸化炭素(CO2)を回収して地下に閉じ込める技術。経産省主導の国家プロジェクトとして、委託された「日本CCS調査」が、北海道苫小牧市沖約4キロの海底3000メートルなどで、実証試験を行っている。

 鳩山氏といえば、「首相になるまで『政治主導』『官僚任せ』の意味を分かっていなかった」など、数々の迷言で知られる。

 日本CCS調査の広報担当者は、鳩山氏のツイートに対し、「CCSと地震に因果関係はない。地元住民らを不安にさせる不用意な投稿だ。影響力が大きい元首相だけに、もっと慎重に発信してほしい」と反発した。

 実は、昨年9月の地震後、同社は風評被害を払拭するため、17人の地震専門家に、CCSと地震との関係性を調査・検討してもらった。結果、「両者に因果関係があるとは考えられない」との報告書が出ている。

 経産省地球環境連携室の担当者も「苫小牧沖では、断層の有無などを綿密に調査し、着手した」と、プロジェクトの安全性を強調している。

 北海道警も、デマ拡散による災害時の混乱を防ぐため、サイバーパトロールを実施。22日午後、鳩山氏のツイートを含めた投稿計17件を「流言飛語の事例」として公表した。

 これに対し、鳩山氏は同日夜、《道警は科学的データも調べないで地震とCCS実験は無関係でデマと認定した》《北大の研究者が地震誘発の可能性があると論文を書いている。道警は命を守ってほしい》などとツイッターで反論を展開した。

 ネット上では、鳩山氏の発信に納得する声もあるが、《こんなツイートは容認できない》《警察にデマ認定された元総理とか史上初やろな》《(鳩山氏の)存在そのものが自然災害》などと批判的な反応が多い。

関連ニュース

アクセスランキング