zakzak

記事詳細

新元号「令和」に込められた思い 現在の中国・朝鮮半島情勢と重なる時代背景踏まえ

★(2)

 5月1日から使用される新元号が「令和(れいわ)」に決まった。元号は漢籍を出典とするのが常だったが、今回は初めて国書を出典とした。『万葉集』巻五の「梅花の歌三十二首」の序文として書かれた漢文だ。日本の漢文の文化も層が厚く、そこからの採用は妥当だろう。

 出典は《初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く、風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす》。

 天平2(730)年正月(旧暦)13日、九州・太宰府の長官、大伴旅人(おおとものたびと)の屋敷で、梅の花を愛でる宴会が開かれた。その際の様子を描いたもので、「初春のよい月で、空気がよく、風は和らいでいる。梅は鏡の前の美女が化粧する白粉(おしろい)のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている」という意味だ。その中の「令月」の「令」、「風和ぎ」の「和」を採った命名だ。

 早速、反安倍陣営のメディアなどは「令は『命令』の令」と説明し、ケチを付けているが、「令」は「巧言令色」や「令嬢」でも使われる、「よい」「りっぱな」という意味だ。そんなに圧制社会が到来してほしいのだろうか。

 出典部分となった「風和らぎ」とは、単に春の訪れによって風が和らいだことだけを言うのではない。穏やかでのんびりした中で酒を呑み、和歌を詠じることが可能となった背景に国際情勢の変化があった。

 この年の9月(旧暦)、諸国からの防人(さきもり)が停止されている。『万葉集』の「防人の歌」は教科書にも掲載されている。

 西暦663年、日本は朝鮮半島の百済(くだら)を助けるために唐・新羅の連合軍と戦い、敗れた。「白村江(はくすきのえ)の戦い」だ。これにより、日本に国家存亡の危機が訪れた。

 そこで九州北部に、遠くは東国(現在の関東地方)からも数多くの若者が国土防衛のために派遣された。防人だ。その防人が聖武天皇の御代である天平2年、一部が停止された。外患が少なくなり、必要なくなったからだ。

 このような「風和らぐ春」の訪れによって、高い文化が花開いていた。その様子が描かれているのだ。

 新元号がこの序文を出典としたことには、今日の中国や朝鮮半島の情勢とも重なる当時の状況を踏まえ、外患がなくなり、平和が訪れ、薫り高い文化が花咲く、そういう時代になってほしいとの願いが込められているように思う。

 同様に、序文後半の「淡然と自(みずか)ら放(ほしきまま)にし、快然と自ら足る」にも注目したい。

 ■八木秀次(やぎ・ひでつぐ) 1962年、広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大学院政治学研究科博士後期課程退学。専攻は憲法学、思想史。第2回正論新風賞受賞。高崎経済大学教授などを経て現在、麗澤大学教授。教育再生実行会議委員、フジテレビジョン番組審議委員、日本教育再生機構理事長など。法制審議会民法(相続関係)部会委員も務めた。著書に『憲法改正がなぜ必要か』(PHPパブリッシング)、『公教育再生』(PHP研究所)など多数。

関連ニュース

アクセスランキング