zakzak

記事詳細

西暦で世界を認識、和暦で「自分の居場所」を確認する日本人 天皇陛下のお姿を日本に重ね…

 新しい元号が「令和(れいわ)」と決まった。素晴らしい元号だと思う。簡潔で、凛とした響きがある。清々(すがすが)しさも感じる。何より、史上初めて、日本の国書にして最古の歌集である万葉集から採用したところがいい。典拠になった万葉集の一節はこれだった。

 《初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす》

 元号が決まった4月1日は、まさに「初春らしくキリッとして、風が和らいだ日」だった。これから、この日をエープリルフールではなく、「令和決定の日」と記憶する人も多くなるだろう。

 これまでの元号は「四書五経」など中国の漢籍を出典にしていた。元号は日本を象徴しているのに、中国の言葉を由来にするのは抵抗感がある。まして、いまの中国のように日本を脅かしているのであれば、なおさらだ。

 元号に政治的意味を読み込むのは適当でないかもしれないが、日本を愛する安倍晋三首相の気概を感じる。多くの国民が「大変、良かった」と思っているに違いない。

 日本人は元号に、どんな意味を込めているのだろうか。マスコミがこぞって「平成を振り返る」特集を組んでいるように、多くの日本人は自分が生きる時代史に元号を重ね合わせて受け止めている。

 単に利便性で考えるなら、元号は決して便利とは言えない。私は世界情勢や日本の政治を眺める際、時間軸は西暦でそろえる。「世界の情勢」を見極めたうえで「日本がどう対応すべきか」と考えるからだ。だから、世界共通の西暦が基準になる。

 では、なぜ日本人は和暦を手放さないのだろうか。それは人々が元号に「国の一体性を感じていたい」と願っているからだろう。その中心に天皇陛下がいる。

 日本共産党は元号制を「天皇による支配」に捻じ曲げて認識している。志位和夫委員長は「元号は中国に由来するもので、『君主が空間だけでなく時間まで支配する』という思想に基づくものだ。それは国民主権の原則になじまない」という談話を出した。

 それなら、共産党は元号を使わなければいいのに「しんぶん赤旗」は2017年4月1日付から西暦に加えて元号を併記している。その理由を同党は「読者の要望を受けた措置。折に触れて、手紙やファクス、メールで編集局に寄せられていた」とホームページで説明している。

 共産党は赤旗読者も「天皇による支配で洗脳されている」と思っているのだろうか。そんなはずはあるまい。洗脳されているのかどうか、読者に聞いてみればいい。

 日本人は西暦で世界を認識して、和暦で同じ時代をともに生きる「自分の居場所」を確認している。そんな居場所があるからこそ、大地震など災害に遭っても、人々は略奪に走ることなく、励まし合って生きていけるのだ。

 そう考えると、天皇皇后両陛下が災害のたびに被災地を訪れられ、人々を激励されてこられたのは、まさに日本の姿そのものだ。平成はみんなで悲しみを乗り越えようとした時代だった。後を継ぐ令和は、日本のたくましさと優しさを示す時代であってほしい。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『明日の日本を予測する技術』(講談社+α新書)がある。

関連ニュース

アクセスランキング