zakzak

記事詳細

大阪ダブル選は維新が完勝 統一地方選前半戦投開票

 第19回統一地方選の前半戦となる11道府県知事選、6政令市長選、41道府県議選、17政令市議選が7日、投開票された。最大の焦点となった大阪府知事・大阪市長のダブル選は、知事選で前大阪市長の吉村洋文氏が自民推薦の小西禎一(ただかず)氏を、市長選も前府知事の松井一郎氏が自民推薦の柳本顕(あきら)氏をそれぞれ破り当選を確実にした。吉村、松井両氏は大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の実現に向け再び議論を進める方針だ。

 道府県知事選で唯一の与野党対決となった北海道は、自民、公明推薦の前夕張市長の鈴木直道氏が、立憲民主、国民民主、共産などが推した無所属新人の元衆院議員、石川知裕氏を破り初当選を決めた。

 自民党系同士による分裂選挙となった福井、島根、徳島、福岡のうち、福岡は現職の小川洋氏が、麻生太郎副総理兼財務相らが擁立し自民が推薦した無所属新人の元厚生労働官僚らを退けて3選を確実にした。

 福井は無所属新人の元副知事、杉本達治氏が現職の西川一誠氏らを破り初当選し、徳島は現職の飯泉嘉門氏が無所属新人の元県議らを下して5選。現職が引退する島根は、自民県議の多くが支援した元総務省消防庁室長の新人、丸山達也氏が、自民推薦の大庭誠司氏ら3新人を破り、初当選した。

 神奈川は自民、国民民主、公明の推薦を受けた現職の黒岩祐治氏が共産推薦の新人を下して3選。三重は現職の鈴木英敬氏が共産推薦の新人を退けて3選を決めた。奈良、鳥取、大分でも現職が勝利を確実にした。

 大阪を除く政令市長選のうち、札幌、静岡、浜松、広島はいずれも現職が当選し、相模原は新人の元衆院議員、本村賢太郎氏が現職を破った。

 道府県議選は岩手、宮城、福島、茨城、東京、沖縄の6都県を除く41道府県で実施された。総定数2277に対して3062人が立候補し、3月29日の告示時点で4分の1に当たる612人が無投票で当選を決めている。政令市議選は仙台、静岡、北九州を除く17市で実施された。

 今年は4年ごとの統一地方選と3年ごとの参院選が重なる12年に1度の「亥年(いどし)選挙」で、統一地方選は夏の参院選の試金石と位置づけられている。(産経新聞)

関連ニュース

アクセスランキング