zakzak

記事詳細

【緊迫する世界】自衛隊「宇宙部隊」創設へ 最高機密情報共有網「ファイブ・アイズ」に日本も参加? (2/2ページ)

 情報の分野は、(1)イミント(偵察衛星や偵察機による写真偵察)(2)シギント(電波や電子信号傍受による情報収集)(3)ヒューミント(人間による情報収集)(4)カウンターインテリジェンス(防諜、外国の諜報活動への対抗策)-などに分けられる。宇宙分野での情報活動は、主に(1)や(2)に当たるが、今後(3)や(4)にも活動協力領域が広げられる可能性もある。

 そうなれば、日本の安全保障上、強力な体制が築かれることとなろう。ただ、それ以前に、日本にもファイブ・アイズ諸国並みの「情報機関の創設」と、それに見合う法整備が必要となろう。

 ■川上高司(かわかみ・たかし) 1955年、熊本県生まれ。拓殖大学海外事情研究所所長。大阪大学博士(国際公共政策)。フレッチャースクール外交政策研究所研究員、世界平和研究所研究員、防衛庁防衛研究所主任研究官、北陸大学法学部教授などを経て現職。著書に『「新しい戦争」とは何か』(ミネルヴァ書房)、『トランプ後の世界秩序』(東洋経済新報社)など。

 【2019年04月18日発行紙面から】

関連ニュース

アクセスランキング