zakzak

記事詳細

新型肺炎「特効薬なし」対処法は? 高齢者は「合併症対策」としてのワクチン接種も

 新型肺炎は、高齢者や持病のある人に重症化リスクが高いといわれる。国内で初めての死亡例となった神奈川県内の80代女性も何らかの持病があったという。無症状のままウイルスを保有している「スーパー・スプレッダー」が存在し、そこから感染が広がる恐れも指摘される中、いったいどうやって自分の身を守ればいいのか?

 患者の多くはウイルスが呼吸器に侵入し、増殖するとされる。初期症状は発熱やせき、倦怠感などで、風邪やインフルエンザに似ている。重症化すると肺炎や呼吸困難を伴うことが多く、酸素吸入などの処置が必要になる。各国がワクチンの開発にしのぎを削っているが、現状では特効薬がなく、対症療法しか方法がない。

 高齢者のほか、糖尿病や心臓病などを抱える人が重症化しやすいのは、免疫機能が低下するからだ。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、200人超の感染者のうち60代以上が約8割に上る。

 感染すれば合併症のリスクも高くなるといわれる。産経新聞の取材に東北医科薬科大の賀来満夫特任教授(感染症学)は「新型肺炎の感染症に引き続き、細菌性肺炎を起こす可能性もあり、十分な注意が必要だ」と指摘。高齢者は肺炎球菌ワクチンなど「合併症対策」としてのワクチン接種も重要になるという。

 国内で市中感染が濃厚になっているが、重症化しやすい人たちが適切に治療を受けられる仕組みが欠かせない。

 賀来氏は「具合が悪い人は過信せず、早めに医師の診断を仰ぐ。医療サイドは患者の容体変化を見逃さない目を持つことが重要」と話している。

関連ニュース

アクセスランキング