zakzak

記事詳細

【編集局から】横浜市民の「シウマイ愛」を支えている崎陽軒

 総務省の家計調査で例年、話題になるのが、ギョーザの購入額日本一をめぐる宇都宮市と浜松市の争いです。2019年は1世帯(2人以上)当たりの専門店や小売店の購入額では、宇都宮市が浜松市を抑えて2年ぶりにトップに返り咲きました。

 ギョーザ人気は各地で高く、全国ベースでも購入額はシューマイのほぼ2倍あります。そうした中で、県庁所在地で唯一、シューマイの購入額がギョーザを上回っている市が横浜市です。もちろん金額も日本一です。横浜市民のシューマイ愛、いや「シウマイ愛」を支えているのが、同市に本社を構える崎陽軒です。

 駅弁として名をはせ、「真空パックシウマイ」は土産物としても重宝しますが、何よりも地元の人の日常食として愛されています。横浜市のデパ地下でも真っ先に売り切れるのが崎陽軒の弁当というほどの人気です。

 新型コロナウイルスの感染で横浜市沖に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に、崎陽軒はシウマイ弁当4000個を寄付しました。横浜を代表する味を楽しんでもらいたいという心意気は伝わりましたが、乗客乗員に届かなかったのは残念でした。騒動が落ち着いたら、ぜひ食べてもらいたいものです。(N)

アクセスランキング