zakzak

記事詳細

児童相談所、夜中に家を追い出された小6女児を追い返す 兵庫県神戸市

 神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で今月、当直業務を請け負うNPO法人の男性職員が、真夜中に助けを求めて訪れた小学6年の女児に「警察に相談して」と伝えて追い返していたことが18日、市関係者への取材で分かった。女児は近くの交番で兵庫県警に保護された。センターや市関係者によると、女児は10日ごろの真夜中、神戸市中央区にあるセンターのインターホンを押して「家を追い出された」と申告。夜間や休日の窓口業務を委託されているNPO法人職員は、インターホンの画面だけを見て「警察に相談するように」と告げた。マニュアル違反の対応だった。

 その後、女児は近くの交番で事情を説明して保護され連絡を受けたセンターが改めて保護した。職員はセンターの調査に「深刻な事態とは思わなかった」と説明した。

関連ニュース

アクセスランキング