zakzak

記事詳細

暴力団との取引指示 赤福・浜田益嗣会長が引責辞任

 ええじゃないか、とはいかなかった。赤福餅で知られる三重県伊勢市の老舗和菓子メーカー「赤福」の親会社、浜田総業(伊勢市)は19日、浜田益嗣会長(82)が指定暴力団との取引を指示した責任を取って辞任したと発表した。1月16日付。兼務する赤福の会長も辞任した。

 グループ企業の酒造会社「伊勢万」が2000~12年に、陶器のボトルに指定暴力団の代紋が入った焼酎を製造・販売した。個人的な交友関係があった暴力団幹部からの依頼を受け、浜田氏が本数や納品日を指示していたという。12年間で代紋入りの焼酎3466本、代紋が入っていない焼酎4714本を指定暴力団に販売。売上総額は約1500万円だった。

 昨年12月、代紋入りの空ボトルをグループ企業の従業員に示し、金品を脅し取ろうとしたとして県警が恐喝未遂の疑いで男を逮捕した。事件を受けて浜田総業は第三者委員会を設置し、過去の取引実態を調査。浜田氏は1月16日付で辞任したが、第三者委は浜田氏にグループ会社全ての役職から退くよう答申した。浜田総業は12年以降、反社会的勢力との取引はないとしている。

 浜田氏は07年に消費期限の偽装問題で赤福会長を引責辞任したが、17年に会長に復帰していた。

関連ニュース

アクセスランキング