zakzak

記事詳細

クルーズ船の告発動画投稿「役割果たした」 神戸大岩田教授が会見

 新型コロナウイルスの集団感染があったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に一時乗船し、船内の感染管理の惨状を動画投稿サイト「ユーチューブ」で批判した岩田健太郎神戸大教授が20日、日本外国特派員協会で会見した。

 岩田教授は動画で、ウイルスがない安全な区域と危ない区域を区別していないなど、クルーズ船内の感染対策の問題点を指摘していたが、20日朝に動画を削除。自身のツイッターで「ご迷惑をおかけした方には心よりおわび申し上げます」などと述べていた。

 会見では、動画を削除した理由について「船内のゾーニング(区域設定)が改善したと聞いた。(船内の感染に関する)データも公表され、私の投稿は役割を果たしたと考えた」と説明。ゾーニングが改善したと考える根拠を問われると、「そういう情報を得た」とした。

 また、この日、乗客の80代の男女2人が死亡したことについては「まだ詳細を知らず、今のところはコメントはない。一定の割合で亡くなる方が出るのは想像されていた」とした。(産経新聞)

アクセスランキング