ZAKZAK for mobile

山路徹氏、大雪取材中に襲撃 同行者突き倒され、車ボコボコに…

ニュースカテゴリ:政治・社会

山路徹氏、大雪取材中に襲撃 同行者突き倒され、車ボコボコに…

更新

山路徹氏  ジャーナリストの山路徹氏(52)が16日、神奈川県相模原市で大雪の取材中に暴漢に襲われたことを明かした。山路氏にけがはなかったが、同行していた男性1人が突き倒され、病院で検査を受けた。県警津久井署で暴行および器物損壊事件として捜査している。

 17日付のサンケイスポーツによると、山路氏は16日未明、取材協力者と2台の車で大雪の山梨県に向かう途中、積雪のため1車線になっていた市道で、対向のワンボックスカーから4〜5人の男が「誰の許可をもらって走ってんだ、殺すぞ!」などと怒鳴りながら降りてきた。

 山路氏は車のカギをロックし無事だったたが、車はボコボコにされ、助けようとしたもう1台の車の取材協力者が、犯人グループに突き倒された。山路氏は直後に110番通報したが大雪で警官がたどり着けず、自力で津久井署まで行き被害届を出したという。

 山路氏は「犯人の1人は金髪でジャージーの上下。車はいわきナンバーだった」と話し、「ソマリアやボスニアで襲われたことはあるが、日本でこういう目にあうとは驚いた。まるで通り魔にあったようだ」と心境を語った。

ランキング