ZAKZAK for mobile

朝日大迷走 池上氏コラム一転掲載 現場記者からも怒りのツイート続々…

ニュースカテゴリ:政治・社会

朝日大迷走 池上氏コラム一転掲載 現場記者からも怒りのツイート続々…

更新

4日付朝日新聞朝刊に掲載された池上氏のコラム  32年を経て大誤報を認めた慰安婦報道問題をめぐって、朝日新聞が大迷走を続けている。「慰安婦報道を謝罪すべきだ」と書いたジャーナリストの池上彰氏(64)のコラム掲載を見送った対応を社内外から批判され、一転掲載し、1面で謝罪。追及キャンペーンを展開する週刊誌の新聞広告をめぐっても、対応を二転三転させている。慰安婦報道を謝罪しない強硬姿勢が次々と“失敗”に終わる朝日。専門家からも「崩壊は進行している」と厳しい意見が飛び出した。

 朝日新聞は4日、いったん見送った池上氏のコラム「新聞ななめ読み」を掲載した。池上氏はコラムで慰安婦報道を検証し、《過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか》と指摘。「池上さんや読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびします」とする朝日の謝罪コメントと、朝日が判断の誤りを認めたため、掲載することになったという池上氏のコメントが添えられた。

 国民的人気のジャーナリストのコラムを一時掲載拒否するという言論統制ともいえる対応に批判が集中、現場の記者たちからも“反乱”が起きた。朝日新聞が公式に認証するツイッターの実名記者アカウントで、「このニュースを聞いて、はらわたが煮えくりかえる思いでした。極めて残念です(査定に響きませんように…)」(社会部記者)、「良心を持つ記者として、対立する意見を封殺するような行為があったとするなら、許せないということです」(海外支局長)などと、書き込まれた。

 4日付の紙面では、先週号では掲載を見送った週刊誌「週刊文春」と「週刊新潮」の新聞広告を、一部黒丸にする形で掲載。「不正」や「捏造」などがNGワードとなり、黒塗りとなった。

 この日、猪瀬直樹前東京都知事への資金提供報道で同紙が新聞協会賞を受賞したニュースも報じたが、現場記者らの“汗”にも泥を塗る格好となった。

 拓殖大学の藤岡信勝客員教授は、「クオリティペーパーを自認しているにもかかわらずこの体たらくとは。今回の問題はジャーナリズムの歴史に残る事件だけでなく、戦後史に残る大事件だ。日本を糾弾することが正しいという朝日新聞の価値観は“目的は手段を正当化する”という左翼革命の論理と同じ。この感覚は明らかに世間とずれている」と“断罪”し、こう続ける。

 「訂正はするが、謝罪はしないという強気一点張りの姿勢は『白旗を掲げながら、進軍ラッパを吹いている』ようなものだ。大事なことは、そういう姿勢が読者に見透かされているということ。朝日新聞の崩壊は進行しているとしか言いようがない」

 広報PR・危機対応コンサルタントの山見博康氏も厳しい。

 「メディアには監視、評価、批評の役割がある。これがなくなると北朝鮮と同じだ。その上で大切なのは大義があり、公平性、客観性があること。一連の朝日の対応は客観性がなく、偏りが出ていることが明らかになった。企業にはお客さんに現状と対策を知らせ、社会的責任を表明する義務がある。社長は記者会見を開いて、まずは社会的責任を果たすべきだ」

 朝日への批判は高まるばかりだ。

■朝日の広告で黒塗りされた部分

 (週刊新潮)
 ・懲りない「●●」ご注進→他紙の広告では「売国」
 ・吉田調書“●●”→他紙の広告では「誤報」

 (週刊文春)
 ・美人秘書と中国●●出張→他紙の広告では「不正」
 ・●●する「純真な球児」→他紙の広告では「捏造」

ランキング