ZAKZAK for mobile

【日本の解き方】トランプ氏逆転の目は…統計は依然クリントン氏優位 安倍政権も先取りして動いた

記事詳細

【日本の解き方】トランプ氏逆転の目は…統計は依然クリントン氏優位 安倍政権も先取りして動いた

 米大統領選の世論調査では、ここにきて、民主党のヒラリー・クリントン候補を、共和党のドナルド・トランプ候補が1ポイント差まで追い上げたと報じられた。米連邦捜査局(FBI)がクリントン氏の私用メール問題について捜査を再開することが影響したとみられるが、8日の投開票に影響は出るのだろうか。

<< 下に続く >>

 米大統領選の予測は、統計モデルを使ったもの、専業分析家によるもの、メディアによるものなど、筆者が把握しているだけで十数種類もある。それらの主要分析を平均したものまで存在するなど実に多様性に富んでいる。それらのすべてにおいて、クリントン氏が優勢で勝利すると予想されている。

 大統領選は、全米の各州選挙人538人の過半数である270人を獲得すれば勝利するが、統計モデル分析では、クリントン氏が少なくとも320以上を獲得すると予想されている。

 筆者がしばしば参考とするプリンストン大学の予測モデルでは、クリントン氏323人、トランプ氏209人、未定等6人。トランプ氏が現時点より獲得投票率が2%高くなったとしても、クリントン氏294人、トランプ氏215人、未定29人となり、クリントン氏の優位は動かない。逆にクリントン氏の獲得投票率が2%高くなれば、クリントン氏358人、トランプ氏164人、未定16人とクリントン氏が圧勝する。

 このとおりならば、夫のクリントン元大統領ほどの圧勝ではないが、オバマ大統領の2期目と同じ程度の勝利になる。

ランキング