ZAKZAK for mobile

森友問題、塚本幼稚園元PTA会長激白 籠池氏見限ったワケ「子供ダシに、不正な金もうけ」

記事詳細

森友問題、塚本幼稚園元PTA会長激白 籠池氏見限ったワケ「子供ダシに、不正な金もうけ」

 学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する「塚本幼稚園」でPTA会長を務めていた男性が学園の実態を激白した。学園の運営に協力し、国有地取得問題などが発覚した後も、幼稚園長だった籠池(かごいけ)泰典前理事長らを擁護していたが、3月末で関係を絶ち、刑事告発も検討しているという。学園と籠池氏を見限った理由を聞いた。

<< 下に続く >>

 夕刊フジの取材に応じた大阪市北区の会社経営、図越(ずごし)寛氏(36)は、3月16日に開かれた塚本幼稚園の卒園式の異様な様子を明かした。

 籠池氏の妻で副園長の諄子(じゅんこ)氏が、園児や保護者の前で「(籠池氏は)少しでも多めにいただきたいと思って、『鉛筆なめなめ』(数字をごまかす)したのかもしれません。悪気はないんです」と語ったという。学園が開校を計画していた小学校の校舎建築費で、異なる3通の契約書が存在する疑惑が浮上したことの釈明だった。

 園長の籠池氏も「安倍晋三首相の昭恵夫人から100万円の寄付を受けた」と初めて公言。「籠池砲は宇宙戦艦ヤマトの波動砲より大きい。(政権が)吹っ飛ぶ」などとうそぶいた。

 図越氏は2人の発言にあきれ、保護者を代表して一連の疑惑や園の運営について、その場で問いただしたところ、籠池氏から「お前は新聞記者か」などと言われ、マイクを奪われたという。

 図越氏は「2月に疑惑が報道されて以降、学園側は保護者に一切、詳細を説明せず、不誠実な対応を続けていた。園児たちの前で申し訳ないと思ったが、発言せざるをえなかった」と振り返る。

 図越氏は籠池氏の保守的な思想や学園の教育方針に共感し、今春まで長女と次女を同園に通わせ、約2年間、PTA会長を務めた。小学校開校のために学園へ10万円を寄付し、長女を入学させる予定だったが、開校計画は頓挫。3月で卒園した長女を別の小学校に入学させたのに合わせて次女も退園させた。

このニュースのフォト

  • 籠池泰典氏
今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング