ZAKZAK for mobile

【中国大暴走】サンゴ密漁にみるインモラル横行 生態系を壊しかねない乱獲

ニュースカテゴリ:政治・社会

【中国大暴走】サンゴ密漁にみるインモラル横行 生態系を壊しかねない乱獲

更新

傍若無人な中国漁船  ★(1)

 「中国漁船が近年、日本近海でマグロの乱獲をしていると報じられてきましたが、数年前から赤サンゴの密漁も業界内で大問題だったのです」

 こう語るのは、サンゴの「原木」入札が行われる高知県内のサンゴ業者だ。

 東京都の小笠原・伊豆諸島周辺に、200隻を超える中国漁船が押し寄せた。戦争映画をほうふつさせる映像に、国民は騒然とした。ただ、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)での、中国漁船による赤サンゴ密漁は今回が初めてではない。

 昨年11月、中国・福建省の漁船が、海上保安庁に拿捕(だほ)されたことが報じられている。沖縄周辺や長崎・五島列島にも出没していたが、多勢に無勢なうえ、中国漁船は罰金を支払うと密漁を再開させる。生態系を壊しかねない勢いで採りまくる中国漁船を、日本は無力なまま事実上、放置してきたのだ。

 「宝石サンゴ」と言われる類の色は、赤、桃、白など約20種類。中でも、中国系の富裕層に人気が高いのが赤サンゴで、天然石である翡翠(ひすい)に匹敵する。

 台湾周辺も赤サンゴの生息地だが、日本で密漁したがる理由は「日本産が世界最高品質の赤サンゴ」だからであり、国際的にも「AKA(赤)」の名前で流通している。養殖もできず、成長するのに年数がかかるため、希少価値がある。

 その赤サンゴが、中国では“株券化”し、投機対象となり、価格が急騰している。それに目をつけた中国の漁師らが、日本での密漁で一獲千金を狙っているわけだ。

 赤サンゴなど4種のサンゴは、ワシントン条約で輸出入が規制され、国際輸出の際には、輸出国管理当局が発行する「輸出許可書」または「原産地証明書」などが義務付けられている。中国外交部は定例会見で「非合法な行為は取り締まる」などと優等生的な発言をしているが、その言葉をうのみにしていいのか?

 「中国の密漁船は、陸上での取り締まりを回避するため、船上で取引を行い、港へ戻ったときには密漁の痕跡を残していない」という話も漏れ伝わる。また、専門家から「高騰する燃料費を、共産党や軍関連企業がサポートしている」「海底資源の調査も兼ねている」「沖縄県・尖閣諸島の奪取、上陸へのシミュレーションではないか」などの声も上がっている。

 ちなみに、オーストラリアのサンゴ礁研究センターが数年前、中国側との合同研究の結果を発表している。中国沿海と南シナ海のサンゴ礁の破壊と退化は「恐るべきレベル」だったとか。特に、中国大陸や海南島沿岸のサンゴ礁は、この30年ほどで、8割以上も減少したという。

 陸上の乱開発だけでは飽きたらない、強欲かつインモラルな中国。一体、どこまで暴走するつもりなのか?

 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。1963年、千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、遼寧師範大学へ留学。主な著書は「中国崩壊カウントダウン」(明成社)、「豹変した中国人がアメリカをボロボロにした」「だから中国は日本の農地を買いにやって来る」(産経新聞出版)など。

ランキング