ZAKZAK for mobile

村山談話は「権力闘争」の代償 村山氏に相当の“気遣い” 検証プロジェクト

ニュースカテゴリ:政治・社会

村山談話は「権力闘争」の代償 村山氏に相当の“気遣い” 検証プロジェクト

更新

村山元首相が発表した「村山談話」の背景が明らかになってきた  1995年8月15日、当時の村山富市首相が戦後50年の節目に発表した「村山談話」の作成経緯を検証するプロジェクトで、当時の閣僚らへの聞き取り調査が始まった。村山氏は「しっかり根回ししていた」と発言しているが、180度違う証言が得られているという。また、同談話が、権力闘争の代償として出されたことも分かった。

 村山談話については最近、「謝罪ありきで、理論的裏付けもなく、秘密裏につくられた」といった批判が噴出している。

 検証プロジェクトチームは、次世代の党の和田政宗参院議員や、田沼隆志前衆院議員らを中心に結成された。13日に平沼赳夫元運輸相、15日に島村宜伸元文相と園田博行元内閣官房副長官という、村山内閣の元閣僚らからヒアリングした。

 田沼氏は「村山氏は今年3月、朝日新聞のインタビューで『野坂浩賢元官房長官がしっかり根回ししていた』などと述べているが、平沼氏は『そんな根回しは一切なかった』と否定し、島村さんも同じだった」という。

 平沼、島村両氏によると、閣議でいきなり談話案が古川貞二郎官房副長官(当時)から読み上げられ、そのまま決定されてしまったという。

 「だまし討ちのように談話を出され、反対できなかった平沼氏はじくじたる思いを消すことができず、その後、地元・岡山の県政記者クラブでの会見で『よく分からないままに談話を通してしまい、申し訳ない』と謝罪したそうだ」(田沼氏)

 自民党から新党さきがけに移り、代表幹事として村山氏に近かった園田氏からは、どんな証言が得られたのか。

 田沼氏は「園田氏によると、当時の自民党内には、西ドイツのワイツゼッカー大統領が謝罪演説をした(85年)こともあり、『日本もさっさと謝罪してしまおう』という雰囲気があったようだ」といい、続けた。

 「あの当時、自民党にとって最大の敵は、非自民の細川連立政権を立ち上げた新生党の小沢一郎代表幹事だった。小沢氏から権力を取り戻すには、村山氏に首相になってもらい、自社さ連立政権を立ち上げるしかなかった。当然、村山氏には相当の“気遣い”をしなければならなかった」

 自民党と小沢氏との権力闘争の代償として、「村山談話」が作成・発表されたということなのか。それが20年たっても、中韓両国による対日要求の根拠となり、外交カードとして利用されているわけだ。 (ジャーナリスト・安積明子)

ランキング