ZAKZAK for mobile

「ひどいすり替え」村山、河野『談話』会見に異議あり 藤岡信勝氏が一刀両断

ニュースカテゴリ:政治・社会

「ひどいすり替え」村山、河野『談話』会見に異議あり 藤岡信勝氏が一刀両断

更新

記者会見で言いたい放題だった河野元衆院議長(左)と村山元首相  村山富市元首相(91)と、河野洋平元衆院議長(78)が9日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで対談と記者会見を行った。ともに、国益を損ねたとの批判がある「村山談話」と「河野談話」を発表した2人だが、反省もなく、互いの談話を持ち上げ合った。慰安婦問題を含む、歴史認識に精通する拓殖大学の藤岡信勝客員教授が一刀両断した。

 村山氏「河野談話は、日韓和解の起点を作った歴史的な文書だ」

 河野氏「戦後50年という節目に、よくぞこういう(村山)談話が作れたな、と感慨深い」

 両氏は対談で、臆面もなくこう言ってのけた。

 1995年に発表された村山談話には「謝罪ありきで、理論的裏付けもなく、秘密裏につくられた」という批判がある。93年発表の河野談話には、河野氏が談話の趣旨や政府調査の結果を踏み越えて、記者会見で慰安婦の強制連行を認める発言をしたことが問題視されている。

 今回の対談・会見で、藤岡氏がまず問題視したのは、村山氏の「安倍晋三政権が河野談話を見直そうとしたことで、慰安婦問題が再燃した」という見解だ。

 「これほどひどいすり替えはない。再燃させたのは韓国国内の運動体であり、韓国政府だ。何が起こっても韓国側を正当化しよう、という卑劣さを感じる」

 河野氏も「(河野談話発表から)十数年間は日韓関係は非常にスムーズに進んだ」「ここ数年間は残念な状況になっている」という見方を示したが、これはおかしい。

 藤岡氏は「(関係悪化の背景として)韓国国内での官民挙げての日本への罵倒に触れないのは、どういう意図なのか」と憤り、続ける。

 「河野氏が釈明すべきは、談話自体は『強制連行は確認できなかった』という内容だったのに、記者会見で、独断で強制連行を認める発言をしたことだ。このことへの説明や謝罪をすっぽかして、人ごとのように日韓関係を語るのは無責任極まりない。完全な頬かむりだ」

 対談では、安倍首相が今夏に発表する戦後70年談話に対し、「村山談話を継承すると談話の中に明記し、国際社会の誤解を解消することが大事だ」(村山氏)との発言も飛び出した。

 藤岡氏は「両氏は、安倍首相談話に圧力を加えようとノコノコ出てきて対談したのだろうが、自らの無責任さをさらす結果に終わった。安倍首相は、こうした“提言”に一切縛られる必要はない」と語っている。

ランキング