ZAKZAK for mobile

【松井一郎 維新伝心】安倍首相の改憲表明「当然の主張」 蓮舫氏率いる民進は「足並みそろわずバラバラな印象」

記事詳細

【松井一郎 維新伝心】安倍首相の改憲表明「当然の主張」 蓮舫氏率いる民進は「足並みそろわずバラバラな印象」

 安倍晋三首相が3日、自衛隊の存在を明文化する憲法9条の改正を含め、2020年に新憲法を施行する意向を示した。自民党は憲法改正を党是としており、党総裁としては当然の主張だ。自身の任期中に、国民のみなさんに判断していただくための発議をしたいとの思いなのだろう。

<< 下に続く >>

 自民党内で、石破茂元幹事長や、船田元・党憲法改正推進本部長代行が批判しているようだが、自分のポジションを維持するための発言だ。党内の「ポスト争い」の発言をいちいち気にする必要はない。

 ただ、9条改正の議論の中身については、国民の方々に広く理解されているわけではない。憲法審査会において各党の徹底的な熟議が必要だ。

 安倍首相の主張についても、9条に3項を加えて自衛隊の存在を明記するとなると、「戦力の不保持」を定めた2項との整合性において、どうしても論理的な矛盾が出てくる。日本維新の会としては、そのあたりを憲法審査会において、きちっと議論していく。

 わが党は昨年3月に発表した憲法改正原案で「教育無償化」「国と地方の統治機構改革」「憲法裁判所の設置」を明記している。党内ではすでに条文案もできあがっており、これを憲法審査会のテーブルに載せたい。

 教育無償化については自民党からも「賛成」の感触を得ている。いよいよ発議までたどり着けるめどが立ってきた。民進党や共産党は「予算措置でやれる」というが、彼らは憲法議論から逃げるための言い訳をしているだけにしか見えない。

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング