zakzak

記事詳細

日米で活躍した岡島秀樹氏、代理人事務所アドバイザーに転身 「もっと早く団さんと会っていたら野球に集中できたのに」 (1/3ページ)

 巨人、レッドソックスなど日米7球団で主にリリーフ投手として活躍。日米通算815試合に登板し、昨夏引退した岡島秀樹氏(41)が、人生の第二幕に意外な道を選んだ。団野村氏(59)が代表を務める代理人事務所「KDNスポーツ」のアドバイザーに就任したのだ。メジャー時代に苦労した経験を基に、新たなスタートを切った。 (聞き手・塚沢健太郎)

 --昨年はオリオールズとマイナー契約してキャンプに参加し、実戦5試合で自責点0に抑えたが戦力外となった。8月にレッドソックス戦で始球式を行い、現役に一区切りをつけた。アドバイザーになった経緯は

 「アメリカの独立リーグという話もあったけど、そこから3Aには行けても、メジャーとなると難しい。始球式が終わって帰国した頃、団さんから『手伝いをしてくれ』と声をかけていただきました。もともとアメリカに行ってからエージェント(代理人)やスカウト業に興味を持ったので、いい話だと思いチャレンジしました」

 --団氏のような代理人を目指すのか

 「アメリカのエージェントはもともと選手だった人が多い。ネットワークを広げ、ちゃんとした土台を作りたい。今からエージェントになるために勉強するのは、年齢的に遅いので難しいだろうけど、手助けやスカウト業ならできるんじゃないかと思って。最終的にはスカウト業をしてみたい。いずれにせよ、日米を経験してきたので、架け橋になれれば」

 --アドバイザーの仕事内容は

 「アメリカに行きたい選手の仲介をして、気持ちを聞いたり、アドバイスをする形になります」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング