zakzak

記事詳細

メジャー経験監督時代へ!日本プロ野球どう変わるか 先発5人ローテ、2番に強打者、8番・投手… (1/3ページ)

 日本野球が激変するかもしれない。ヤクルト・真中満監督(46)が今季限りで辞任することになり、後任として高津臣吾2軍監督(48)の昇格が有力視されている。これまでに54人の日本人がメジャーリーグでプレーしたが、そのうちNPB(日本野球機構)12球団の監督になったのは、まだ1人もいない。今オフには高津2軍監督だけでなく、今季限りで現役を引退するロッテ・井口資仁内野手(42)ら、最大で一挙6人の“元日本人メジャーリーガー監督”が誕生する可能性がある。(塚沢健太郎)

 真中監督が最下位低迷の責任を取り今季限り辞任するヤクルトの球団関係者は、“次期監督像”について「堀澄也前オーナー(6月に根岸孝成オーナーと交代)は『監督になる人には2軍監督を経験させる』という方針で、真中監督も2軍監督をへて就任した経緯がある」と語る。

 高津2軍監督はBCリーグ新潟の監督として、2012年に“独立リーグ日本一”に輝いた実績があり、昨オフに1軍投手コーチから2軍監督に配置転換。別の関係者は「『独立リーグの監督とは違うところもあるから、しっかり勉強してこい』と言い含められている。まだ1年しか2軍監督をやっていないことが気にはなるけど…」と、もともと次期監督を前提に修業として現職を与えられていると明かす。

 しかし元メジャーリーガーで来季監督になるのは、ホワイトソックス、メッツで救援投手として活躍した高津2軍監督だけではなさそうだ。

 伊東勤監督が今季限りでの辞任を表明したロッテは、05年にホワイトソックスで世界一に貢献した井口が次期監督の最有力候補。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング