zakzak

記事詳細

田中が第3戦先発のワケ 決め手は数字、今期はビジターで苦戦 ヤ軍は第1戦完敗

 ヤンキースは5日(日本時間6日)の第1戦でインディアンスに0-4で敗れた。打線はわずか3安打と沈黙した。

 8日(同9日)に本拠地ヤンキースタジアムで行われる第3戦に先発するのがヤンキースの田中将大投手(28)。この先発は、ジラルディ監督の熟慮の末の決断だったという。

 監督の頭に真っ先に浮かんだのがワイルドカードゲームで大炎上し、1回1死しかとれずKOされた若手右腕、セベリーノの処遇。緊張で結果を出せなかったが力はある。わずか29球での降板だっただけに、早めにリベンジの機会を与えるという方法もあった。

 しかし、「地区シリーズの第2戦に起用すべきか考えたが、完全に休養を取らせた方が彼のためになる」が結論だった。これで第4戦の先発が決まった。

 そして田中は数字が決め手になった。今季ホームで9勝5敗、防御率3・22。ビジターでは4勝7敗、防御率6・48と苦戦している。「さまざまな案を検討し、長い話し合いを行って決めた。登板間隔が空きすぎてもいけないので第3戦(ホームの1試合目)にした」と同監督。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング