zakzak

記事詳細

小さな巨人、アストロズのアルトゥーベが3本塁打!一方、同じ身長の巨人・松本は引退

 ■ア・リーグ地区シリーズ第1戦(5日=日本時間6日、ヒューストン) アストロズ(西地区1位)-レッドソックス(東地区1位)

 アストロズが、レッドソックスを8-2で下し先勝した。バーランダー(15勝8敗)と、今季308三振を奪ったレッドソックスのセール(17勝8敗)の投げ合いが予想されたが、主役の座を奪ったのは3番で168センチのホセ・アルトゥーベ二塁手。

 1回、5回、7回に左翼スタンドにソロ本塁打を打ち込んだ。ポストシーズン1試合3本塁打は史上9人目。今季204安打で4年連続200安打以上を記録。打率・346で首位打者となり、本塁打も24本。小柄だが豪快なフルスイングが持ち味で、並み居る大男たちの中で輝きを放っている。

 一方、日本では寂しいニュース。同じく身長168センチの巨人、松本哲也外野手(33)が、5日までに現役引退を決断。2009年には育成選手から1軍に定着し、新人王を獲得して人気となったが、プロ11年目の今季は1軍出場はなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング