zakzak

記事詳細

エンゼルス・大谷、メジャー成功可否は「100年ぶりの偉業」 ノルマはベーブ・ルースの「同一年2ケタ勝利&本塁打」 (1/3ページ)

 ポスティングシステムで日本ハムから米大リーグ・エンゼルスへの移籍を決めた大谷翔平投手(23)。来季在任19年目を迎える名指揮官、マイク・ソーシア監督(59)は「当然二刀流として起用する。それは間違いない」と断言しているが、成功させるのは簡単ではない。二刀流の合格点として、米メディアは、2桁勝利、2桁本塁打程度の成績の維持を挙げているが、この数字に到達したのは100年前に13勝、11本塁打を記録したベーブ・ルースただ1人。大谷の勝負は、ベーブ・ルースが最低ノルマで、これを超えることができるかどうかの勝負になる。

 大谷は9日(日本時間10日)、カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムでテレビカメラ20台、報道陣250人、ファン1000人超を前に入団会見を行い、背番号「17」の新ユニホーム姿を披露した。真っ赤なユニホームに袖を通して野球の本場、米国のファンやマスコミに向け、高らかに宣言した。

 「(初勝利と初本塁打は)どちらも楽しみにしていますし、最高なのはどちらも一緒の試合にできることだと思います」

 マイク・ソーシア監督(59)は、二刀流での起用を約束。来季、同球団で19年目を迎えるメジャー屈指の知将は断言。大谷獲得の立役者、ビリー・エプラーGM(42)は「彼を外野で起用することはない。先発ローテーションは6人で考えている」と日本ハム時代と同様にDHでの起用が二刀流の前提だとして、中5日以上の登板間隔を大谷に与えていく方針だ。

 「まだ発展途上。プレーしながら力をつけていきたい」という大谷の希望に添った起用法といえ、このあたりが最終的に大谷がエンゼルスを選んだ理由とも考えられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング