zakzak

記事詳細

阪神・糸井ジレンマ…ケガで離脱 球宴辞退なら10試合出場停止に (1/2ページ)

 皮肉にも、選手間投票で選出された「マイナビオールスターゲーム2018」(13日=京セラドーム大阪、14日=熊本・藤崎台県営野球場)が重くのしかかっている。阪神・糸井嘉男外野手(36)が3日、今季初めて出場選手登録を抹消された。

 6月30日のヤクルト戦(神宮)の8回、右すねに死球を受けて交代。今月2日に大阪府内の病院で「右腓骨骨折」と診断された。球団は全治までの期間を公表せず、球宴の出場可否を含めて今後は未定としている。

 本来ならオールスター明けの後半戦から再スタートを切るのが理想だが、球宴出場を辞退すると、野球協約第86条の規定で球宴終了後10試合に出場できない。簡単には球宴辞退に踏み切れない理由がここにある。こうなると選手間投票で選出されたことが恨めしく思えてくる。

 ある球団関係者は「選ばれた責任と不正防止の観点からのルールなのは分かるが、10試合の出場停止はいくらなんでも長すぎる。かといって、球宴に強行出場させた揚げ句ケガを悪化させたら元も子もない。もっと柔軟に運用できないものか」と訴えた。

 金本知憲監督(50)は「(骨に)傷はあるが、そんなに長引かない箇所かな」と軽傷を強調するが、打撃7部門(打率、本塁打、打点、安打数、盗塁数、得点、出塁率)でチームトップの数字を挙げている4番の離脱は、痛恨以外の何物でもない。

関連ニュース

アクセスランキング