zakzak

記事詳細

先発外れた大谷、マエケンとあす対決へ「気をつけないと」 2015年のプロ野球交流戦以来

 右肘故障から復帰したエンゼルスの大谷翔平が5日(日本時間6日)、シアトルでのマリナーズ戦の先発を外れた。この日が24歳の誕生日。相手先発は左腕ゴンザレスだった。

 復帰2試合目となる前日4日(同5日)のマリナーズ戦で2安打を放って打者としての完全復活をアピール。MLB公式サイトは5日、「大谷のアゴが外れそうになるほどすごい24の記録」とした特集記事を掲載。今季開幕からの3試合連続本塁打や、日本ハム時代(2016年)に投手とDHでベストナインに選ばれたことなどが紹介された。

 また、6日(同7日)には本拠地アナハイムに戻り、ドジャースとのフリーウエーシリーズ(ロサンゼルス本拠地チームの交流戦)が行われる。同日は、ドジャースの前田健太(30)が先発予定。

 対決が実現すればプロ野球交流戦の2015年以来の顔合わせとなる。通算7打数2安打4三振で、前田は「年を追うごとにいい打者になっている。気をつけないといけない」と警戒。

 パサデナスターニュース紙は「大谷にビーンボールを投げる必要について問われた前田は『そんなことをしたら日本のファンからブーイングを浴びる』と言って笑った」と報じた。

関連ニュース

アクセスランキング