zakzak

記事詳細

巨人、窃盗で逮捕“柿沢ショック”余波か? メルセデス投手の契約会見は「ダンマリ」対応

 転売目的で同僚選手の野球用品を100点以上盗んで巨人に契約を解除され、8日には窃盗容疑で神奈川県警多摩署に逮捕された元外野手、柿沢貴裕容疑者(23)。“柿沢ショック”のとばっちりを受けたのが、巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(24)だ。

 育成選手から8日に支配下選手契約。ドミニカ共和国出身の左腕で、母国に妻と昨年生まれた第1子を残しての苦労は、来日2年目で報われた。

 ところが会見場に満ちた祝福ムードは、冒頭から微妙な空気に。民放テレビ局の「メルセデス投手の魅力を教えていただけますか?」という極めて基本的な質問に対し、鹿取GMは「戦略上のこともあるので言えません」とまさかのゼロ回答。

 さすがに司会の山崎広報部長が「それくらいならお話しいただいても全く問題ないと思いますが」と助け舟を出し、「球持ちのいい、角度のある投手です」という最低限の答えを引き出した。

 不祥事でピリピリ。「せっかくのめでたい会見なのに…」と球団関係者の嘆きは止まらなかった。(片岡将)

関連ニュース

アクセスランキング