zakzak

記事詳細

オリックス、異例「コミッショナー提訴」の舞台裏 誤審騒動巡り…影落とす宮内オーナー“側近”の死

 6月22日のソフトバンク戦の誤審騒動を巡り、ついに異例のコミッショナー提訴に踏み切ったオリックス。ドタバタ劇の舞台裏を探る。

 「文書で2度も再試合要求をして却下されたのに、何を考えているのか。コミッショナーに提訴したところで結果は変わらない。宮内オーナーの怒りがおさまらないということか」

 ある球界OBのこの発言は、核心を突いている。おりしも、“ワンマン”といわれる宮内義彦オーナー(82)は、球界に精通する側近を失ったばかりだ。

 村山良雄球団常務が間質性肺炎のために72歳で5月24日に亡くなった。事業本部副本部長、管理本部長、球団本部長などを歴任し、宮内オーナーにチーム状況を伝える役割を担い、NPB(日本野球機構)担当もしていただけに、死去のダメージは計り知れない。

 村山氏が健在だったら、こんな醜態をさらけ出すことはなかっただろう。宮内オーナーとNPBの橋渡し役として、水面下で円満な落としどころを見つけたはずだ。

 もうひとつ、宮内オーナーが抱く、同じ関西に本拠地を置く阪神への対抗心も見え隠れする。

 阪神も6月29日のヤクルト戦(神宮)で二塁走者・藤井の3フィート・オーバーを審判団が認めなかったため、意見書を提出。するとNPB側は回答書で誤審を認め、阪神側は「おわびとともに(回答書が)返ってきたので、今回の件は終わりにします」(谷本球団本部長)と一件落着させている。この阪神とのあ・うんの呼吸に宮内オーナーがカチンときたことは想像に難くない。

 本来ならコミッショナー裁定は、1978年の江川卓氏の巨人入りを巡る騒動のように、野球協約に抵触するものに限られる。NPBは野球規則で「審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない」と定めていることから、すでにオリックスが求めている試合のやり直しは「実施しない」と回答済み。それでも門前払いせず「丁寧に時間をかけて再調査していきます」と強調したのは、宮内オーナーのメンツを立てた大人の対応といえるだろう。(江尻良文)

関連ニュース

アクセスランキング