zakzak

記事詳細

大谷、代打で登場も3球三振 マ軍・ディアス攻略の糸口を見いだせず

 エンゼルス0-3マリナーズ(11日、アナハイム)帰路に就くエンゼルスのファンが目立ち始めていたが、大谷が九回に代打でコールされると最後の見せ場とばかりに盛り上がった。だが、マリナーズの守護神ディアスに97マイル(約156キロ)の速球で押され、最後は内角高めを強振したが3球三振に終わった。

 ディアスとは3度目の対戦だが、いずれも空振り三振で、攻略の糸口を見いだせない。両リーグ最多36セーブ目を挙げた相手は「直球でいこうと思った。いいところに決まった」と振り返った。

 チームは今季5度目の零敗で、2安打はワーストとなった。ソーシア監督は「重圧をかける機会がなかった」と敗因を話した。(共同)

アクセスランキング