zakzak

記事詳細

ゾゾタウン社長、プロ野球球団運営に意欲 ツイッターで表明

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長は17日、ツイッターを通じて「プロ野球球団を持ちたいです」と発信し、球団運営に意欲を示した。前沢氏はこれまでも球場の命名権を取得するなど、プロ野球との関わりがある。具体的にどのような球団構想を示すのか、今後の言動に注目が集まりそうだ。

 ツイッターで前沢氏は、参加型の球団作りを目指し「ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい」「シーズン終了後に球界へ提案するプランを作ります」などと語った。ただ計画が球団買収なのか、新たに球団を立ち上げるのかは明確にしていない。スタートトゥデイは現時点で「具体的に検討していない」(広報)と説明している。

 前沢氏は千葉県出身。2016年に千葉ロッテマリーンズの本拠地球場の命名権を取得し「ZOZOマリンスタジアム」と名称変更したり、球場補修に私費1億円を寄付したり、球界との関わりを模索してきた。

アクセスランキング