zakzak

記事詳細

巨人・老川オーナー辞任…異例の時期、異様に“軽い”会見

 巨人の老川祥一オーナー(76)が17日、6月以降に選手らが相次いで起こした不祥事の責任を取り辞任した。2015年の野球賭博事件の教訓は生かされず、繰り返される不祥事の数々。球団トップが責任を取ったかたちだが、それで撲滅できるレベルの問題とも思えない。

 球団トップの辞任会見としては異例の“軽さ”だった。1軍本隊も担当記者の多くも甲子園遠征中、内容も明かされないまま報道陣に招集がかかったのは、わずか1時間前。野球賭博級の大型案件なら、東京・大手町の読売新聞ビル内の本社会議室などで行われるが、会場は同ビル内の球団記者室に設定された。広報部長は遠征先から戻らず、何よりオーナー本人が不在だった。

 唯一の出席者となった石井社長は「野球賭博を受けて、不祥事の再発防止を誓ったにもかかわらず今般、不祥事が立て続けに起きてしまった。老川祥一は自らの責任を明確にするため本日、取締役オーナーを辞任いたしました」と説明した。

 問題となったのは(1)6月中旬に篠原慎平投手と河野元貴捕手が裸の動画をSNSに投稿(2)今月7日に柿沢貴裕外野手が同僚の野球道具を盗み売却。契約を解除され逮捕(3)2軍トレーナーが女性トラブルで被害届を出され契約解除-の3件。

 白石前オーナーは、2015年11月に3選手が野球賭博で契約解除後も留任したが、翌16年3月に4人目の関与が発覚して辞任。さらに問題が広がる危険もある中、後任となった老川氏のもとで信頼回復のため、不祥事防止策が講じられてきた。

 野球賭博問題は沈静化したが、不祥事は収まらず。今後の処方箋を問われた石井社長は「正直言って、これといった具体策は手元にない」と率直に答えた。どれだけ時間と人員を割いても、万策尽きた無力感。「ただ、不祥事を起こさないという気持ちが球団全体に浸透していたのか大いに疑問。そういった点に基づき、地に足のついた再発防止策を考えないと」とも語ったが、無策だというならば、いつ再発しても不思議ではない。

 一方、石井社長が言うように、球団ができることにはやはり限界もある。例えば、米大リーグでは、球場外での個々人のトラブルの責任をとって球団トップが辞任するというケースはあまりない。プロ野球選手は個人事業主で、球団は管理責任者でも保護者でもないからだ。

 結局は選手、スタッフの自覚に任せるしかない問題だ。球団内に不祥事に緩い土壌があるのなら、管理も必要だろうが、首にひもをつけるわけにもいかない。どんなに土嚢を積み上げても、問題はしみ出してくる。

 オーナー交代が不祥事防止にどれだけの効果があるかははなはだ疑問。むしろ、異例の時期に、異様に“軽く”発表されたトップ辞任に、組織内のまた別の背景でもあるのではないかと勘ぐりたくなるほどだった。(笹森倫)

 ◇

 巨人は18日、新オーナーに山口寿一氏(61)の就任を発表した。

関連ニュース

アクセスランキング