zakzak

記事詳細

阪神、中谷の決勝打で連敗止めた「温かいヤジのおかげで僕らも頑張れている」 

 阪神・中谷将大外野手(25)が29日のヤクルト戦(神宮)の8回、左前への決勝打を放ち連敗を「2」で止めた。

 7回の守備から起用され、回ってきた初打席で結果を残すと、続く9回には「おいしい場面」と振り返る、1死満塁の打席でバットを折りながら中前適時打。少ないチャンスで2安打2打点と結果を残した。

 昨季はレギュラーで20本塁打をマークしながら、今季は不振でベンチスタートが多い若虎は「ホント、チャンスも少ないですし、自分が打てなかったツケが回ってきている」と反省。お立ち台ではスタンドの虎党を見渡し「温かいヤジのおかげで僕らも頑張れていると思う。もっと温かい声援をお願いします!」と頭を下げた。 (Y)

関連ニュース

アクセスランキング