zakzak

記事詳細

山根会長“衝撃正体”にボクシング界大荒れ 「われ、コラ。アホ、ボケ、カス」と暴言 「和牛肉しか食べない」過剰“おもてなし”も (1/2ページ)

 助成金の不正流用などで日本ボクシング連盟が告発された問題で、2011年から連盟に君臨する山根明会長(78)について告発状は「パワハラを背景とする強権的な体制」があると指弾している。山根会長から恫喝(どうかつ)を受けた審判は夕刊フジに、特定地域をひいきする「奈良判定」と呼ばれる不可解な判定の実態を告白。関係者の証言から、山根氏が連盟で力を得た経緯や、過剰ともいえる周囲の“おもてなし”など「山根王国」の実態が浮かんできた。

 1日から全国高校ボクシング選手権大会が始まった岐阜市のOKBぎふ清流アリーナ。山根会長は同日朝の時点で姿を見せていない。大会の準備が進められていた前日、役員席にパイプ椅子が並べられるなか、会長の席だけ、巨大な黒い革張りの椅子が設置されていた。フジテレビの映像は、その後、なぜか黒い椅子が引っ込められ、パイプ椅子に取り換えられる様子をとらえていた。

 「会長特別席」に陣取る山根氏は、判定にも大きな影響を与えていたという。審判に“八百長判定”を事実上強要するもので、奈良県など関西出身の選手に有利になることから「奈良判定」とも呼ばれている。

 ある県連の審判員だった男性は数年前の一件をこう振り返る。奈良県代表の選手が出場した試合を裁いたが、「試合が始まると明らかにその選手は多くのパンチを受けていたので体調も考慮してレフェリーストップをかけた」。すると試合後に会長席に呼ばれ、山根氏から「おまえのレフェリングがおかしい」「なぜ途中で試合をやめたのか」と迫られ、「われ、コラ。アホ、ボケ、カス」と暴言を浴びせられたという。

 中には、次の日にいなくなっていたり、次の大会から呼ばれないなどの制裁を受けた審判もいるという。「多くの審判が会長の意にそぐわないジャッジをすると『怒られるのではないか』『明日のミーティング材料になるのでは』とビクビクしている」と明かす。

 選手も「奈良判定」の存在を知らないわけはないが、ある現役ボクサーは夕刊フジの取材に「選手に罪はない」と嘆く。

 「リングに上がれば、お互い敬意を払って試合に臨んでいる。奈良の選手も非常に質の良い選手がそろっているが、周囲の目もあることは事実」と証言してくれた。

 山根氏は大阪府堺市出身で、ボクシング連盟と関わるようになったのは1970年代とみられる。「関西地方のボクシング団体が抱えていたややこしいトラブルを山根氏が収めたことをきっかけに連盟との関係ができた」(関係者)という。奈良県連などでの役職を経て2010年に日本連盟の副会長、11年から会長に就任した。

 日本連盟の元理事の話では、会長就任時も別の有力候補が何者かから恫喝や暴行を受けたという。

 山根会長への都道府県連盟の気の遣いようは尋常ではなく、告発状に添付された参考資料の中には、山根氏が地方を訪問した際に「おもてなし」として用意すべき物品の詳細なリストもある。

関連ニュース

アクセスランキング