zakzak

記事詳細

皮肉な展開? 阪神を追われた金本知憲氏に「広島復帰構想」 新井貴浩氏「次期監督」でヘッド入閣狙い (1/2ページ)

 前阪神監督の金本知憲氏(50)の「野球殿堂入りを祝う会」が11日に大阪市内のホテルで開かれ、約900人が出席した。在任3年で最後は17年ぶりの最下位に沈み指揮官の座を追われた金本氏の、捲土重来の舞台はどこになるのか。プロ入りから11年間を過ごした広島への復帰も取り沙汰される。本人が現役時代、引退後、阪神監督生活に次いで「第4の人生」と位置づける、今後の行方が気になる。(山戸英州)

 なんとも皮肉な展開ではある。金本氏はプレーヤー表彰で殿堂入りが決まった今年1月の時点では、阪神監督。同時にエキスパート表彰で殿堂入りした原辰徳氏は評論家の立場だった。

 いまや立場は逆転。金本氏はユニホームを脱ぎ、原氏は3度目の巨人監督就任を果たし、来季に向けて順調に補強を進めている。前日(10日)に開いたお祝いの会には安倍首相らVIPが駆けつけていた。

 金本氏はそんな境遇を楽しむかのように、壇上から「(阪神の)素質ある若手には、もっとできるハズと思って練習させましたが、なかなか伸びてくれず、監督を辞任することになりました」と自虐ネタを1発。壇上から「北條、聞いてるか! 高山、大山は帰ったんか? 全員いますね。ホントにもう…」とボヤいてみせ会場に笑いを巻き起こしたが、実際のところ負けたままではいられないだろう。

 この日会場を訪れた大物球界OBの1人は「金本なら広島からも、アマチュア球界からも、きっかけさえあれば声はかかる。年齢を考えたらもう1回くらい(監督のチャンスが)あるだろう。まあ、タイガースでというのは本人的にもゴメンだろうけど…」と語った。

 松田元オーナーをはじめ、元監督で名球会理事長の山本浩二氏、緒方孝市監督、野村謙二郎前監督…この日はカープ関係者も多数姿を見せていた。

 とりわけ関係が深いのは、いうまでもなくこの人。今季限りで現役を引退した“弟分”、前広島の新井貴浩氏(41)が花束プレゼンターとして登壇した。

 新井氏は「何度も『花束を渡すだけですよね』と確認した」にも関わらず、あっさり裏切られ“イジリ”が始まった。まずは差し出された花束をスルー。続いて金本氏の方から「プレゼントがある」と切り出し、白地の特製Tシャツを手渡した。これではどちらがプレゼンターかわからない。

 Tシャツの前面は「(新井氏が阪神時代に)ゲッツーを打って泣きそうな顔の写真です」と金本氏が紹介した通り。裏面には「僕も野球殿堂入り狙ってます!」とプリントされていた。「本人も公言している。数年後には殿堂入り頑張って」と激励して爆笑を誘った金本氏は、してやったりのニンマリ顔。相変わらずの“兄弟愛”をうかがわせた。

 金本氏はプロ入りから11年間広島で活躍し、2002年オフに当時の星野仙一監督の強い要請で阪神にFA移籍したが、広島とのつながりも依然深い。ある広島OBは「いきなり監督で、というのは難しいかもしれないが、“ポスト緒方”の有力候補である新井の監督就任が実現した暁には、ヘッドコーチとして入閣して盛り上げればいいという声はよく聞くよ」という。

関連ニュース

アクセスランキング